RSS

最近の自動車の鍵事情と注意点

最近の自動車の鍵は、キーレスシステムになっている場合が多いです。昔は運転席のドアに鍵を差し込んでロックを解除するというシンプルなスタイルでした。エンジンを始動する際にも同様にして鍵を差し込んでひねるのが通常の仕様でしたが、最近ではこれすらも鍵を使わず、ボタン一つでエンジンがかかる車種も存在します。こういったシステムはとても便利なものですが、一度鍵の電池が切れてしまうと少々厄介なことになる場合もあります。電池切れの際の対処をきちんと把握していれば問題ありませんが、意外と失念してしまっている人も多いのではないでしょうか。ここ数年の自動車にはセキュリティーシステムが搭載されていることが多いです。これはドアロックの解除やエンジン始動時に関わるもので、キーレスシステムによってドアにロックを掛けた後に電池切れになってしまった場合、ドアロックの開錠方法の不一致でアラームが鳴ってしまうのです。通常、こうしたシステムを持つ車は施錠方法と開錠方法が同一でない場合に危険を察知して警報が鳴る仕組みになっているのです。例えばキーレスシステムで開錠した場合は、同様にキーレスシステムを利用して開錠しなければならないのです。ところが電池切れになってキーレスが反応しなくなってしまった場合、リモコンに付いている通常の鍵でドアロックを開錠することになります。するとここに不一致が発生して、セキュリティアラームが鳴るのです。また、エンジン始動時にも通常の鍵を用いることでセキュリティが発動することもあります。最近の自動車はボタンやつまみ操作だけでエンジンがかかるタイプが多いですが、もちろんここにも通常の鍵穴が用意されています。リモコンキーが電池切れを起こしている時は、通常の鍵でエンジンを掛けますが、防犯の為にリモコンキーを近づけた状態ではないとエンジンがかからない仕組みになっていることが多いのです。この場合も鍵とリモコンキーが近づいた状態でないとセキュリティアラームが鳴ってしまう為、こういうタイプの自動車を運転する際には鍵の電池切れの際の対処法をきちんと把握しておかなくてはなりません。